​ならし

-NARASHI-

「ならし」というこの作業は、「冷間鍛造」とも呼ばれています。刃物の材料を常温でさらに細かく打つことにより、材料内部の組織の粒がより細かくなり、より丈夫で、粘り・ハリのある包丁になります。「荒ならし」で表面を滑らかにし、その後の成型で形を整えた後、「仕上げならし」で全体をまっすぐになるよう整えています。