​柄付け

-ETSUKE-

最後の工程「柄付け」(えすげとも言います)

仕上げた刃を柄に差し込んで、包丁の完成です!

タケフナイフビレッジ内で作られている包丁の柄には、「かちこみ」「かしめ」の主に2種類があります。「かちこみ」の柄は、柄の中に接着剤を入れ、熱した中子を差し込んで下から木づちで打ち、しっかり固定していきます。「かしめ」の柄は、両サイドからピンを打ち込み固定させます。